HOME

 連作障害の対策ための キトサン農法

 

土壌微生物のバランス

連作障害発生は、土壌微生物(好気性菌と嫌気性菌)のアンバランスが原因です。障害発生は、主に嫌気性菌に原因があります。キトサンは、好気性菌を増し、障害菌を抑制します。キトサンも使いすぎると作物は育ちません。有効なバランスが大事です

注記:キトサン液と言っても全てが同一ではありません。分子が切れ、栄養剤化したものでは、機能しません。原料溶解に酸を多量使用したものは、機能を失い、土壌菌を増殖することはできません。植物の活性もできません(高分子キチン・キトサン推進協会

 

連作障害対策

こんな方法をお勧めします

思案するより実行です

土壌病原体の種別に関係なく、定植前の20日〜30日位に地面全体にキトサン溶液5〜10Lを100〜200倍希釈して散布します。水の多い程地中に浸透します

定植時の使用は不用ですが、使用する場合は、300倍希釈位でしょう

[商品:農業園芸用]

価格:10L入り 7,000円 20L入り 10,000円

記:注文量により割引致します。ご相談下さい

TOPに戻る